RELIEVE(リリーヴ)
RELIEVE

RELIEVE(リリーヴ)の意味は、
「やわらげる、楽にする、救い出す」です。

4種類のハーブを絶妙にブレンドして作られています。135g(4.5g × 30袋)の大容量で提供しています。1袋で、1〜1.5リッター取れるので、経済的です。

煮出しても良し、熱湯に入れて15分で、美味しいノンカフェイン・ハーブティーが飲めます。暖かくても、冷たくても、美味しいノンカフェイン・ハーブティーをお飲み頂けます。

名称 混合茶
原材料名 大麦、タチアワユキセンダングサ、金時生姜、白鶴霊芝
内容量 135g(4.5g × 30袋)
賞味期限 枠外下部記載
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて、涼しい所に保管
希望小売価格 10,800円(税込)
発売元 株式会社トス・インコーポレーション TU
東京都世田谷区玉川台2-13-3玉川台春喜ビル4階
召し上がり方

沸騰したお湯1〜1.5リットルにティーバッグを1袋入れて弱火で15分間煮沸してくだい。お好みによりティーバッグの数と水量を加減してください。温かいままでも、冷蔵庫で冷やしても美味しくお飲み頂けます。

使用上の注意

食物アレルギーのある方は原材料をよくご確認下さい。
体質・体調により、まれに合わない場合があります。その場合は摂取を一時中断してください。
表示の賞味期限は、未開封の状態で定められた方法で保管された場合の期限です。開封後は賞味期限にかかわらずお早めにご使用下さい。
お湯によるやけどには充分ご注意下さい。
沸騰したお茶は当日中にお召し上がり下さい。

栄養成分表示(100ml当たり)
エネルギー 1kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0.2g
ナトリウム 0mg

1リットルの煮沸したお湯に1袋入れて15分間煮沸した液について試験しました。

タチアワユキセンダングサ

タチアワユキセンダングサ

中国では咸豊(かんぽう)草という名で漢方などに使われてきたという歴史もあります。中南米やアフリカなど熱帯地方では民間薬として重宝されてきた生命力の強いハーブです。和名を「タチアワユキセンダングサ」といい、日本でも沖縄方面に自生しています。

一見雑草のようにも見えるこのハーブ、その生命力の強さからどんどん変異して広がっていき、素人目にはどの品種なのかわからないくらいたくさんのビデンスピローサが繁殖しているそうです。

《宮古島のビデンスピローサは特別なハーブ》
ビデンスピローサ自体は熱帯地方の各地で見ることが出来ますが、今注目なのは武蔵野免疫研究所が開発した「宮古ビデンスピローサ」なんです。普通のビデンスピローサと何が違うかというと、道ばたに生えている近縁種ではなく、宮古島に自生している種から種を増やし、畑で栽培されているれっきとした「作物」なのです。無農薬で化学肥料も使わずに緑肥だけで栽培されたビデンスピローサに独自の製造法でお茶などに加工したのが「RelieveTOS Herb Tea」しっかりと品質管理された畑で育てられたものを宮古ビデンスピローサと呼びます。

《宮古島の島おこし事業のひとつ》
その辺に雑草として生えているビデンスピローサも十分薬効の高い植物なのですが、これを独自の栽培法で「健康飲料食品」として成功したのが宮古ビデンスピローサなんですね。宮古島のビデンスピローサと沖縄本島や南大東島のものとその成分を比較すると、含まれているものがまったく違うのだとか。 なぜ宮古島のビデンスピローサが他の土地のものよりも優れているのかはよくわかっていないのですが、「島尻マージ」と呼ばれるミネラル豊富な土壌がよいのではと考えられています。今では宮古ビデンスピローサの製品が宮古島の島おこし事業のひとつとしても期待が高まっています。

《高品質な宮古ビデンスピローサの魅力》
周囲の畑からの農薬の影響がないように選ばれた畑で、栽培に必要な水も宮古島の地下ダムの水や雨水を使い、環境に配慮した栽培方法が取られています。そして機械を使うことなく、生産者の手によって1本ずつ丁寧に植えられた苗はその間隔までもきちんと決められており、刈り取りまで手作業で行うという徹底ぶり。これを新鮮なうちに工場に運んで加工するところまで徹底した管理体制のもと作業が行われています。 だからこそ、高品質なビデンスピローサ製品を生み出すことができるようになったんですね。

《知れば驚くこと間違いなし!ビデンスピローサの効果》
ビデンスピローサは強烈な紫外線や台風など、過酷な自然環境の熱帯地方で育つ植物なので、生命力が強く高い抗酸化力も持ち合わせています。飲んだり食べたりすることで、どれほどの健康効果が期待できるのでしょうか。

《花粉症などのアレルギー症状の緩和に》
アレルギーとは間違いなく現代病です。昔の日本人には見られなかったことで、環境の悪化やストレスなどによって様々なアレルギーを発症する人が増えてきました。

・花粉症
・アトピー性皮膚炎
・喘息
・鼻炎

など、一人でいくつものアレルギー症状を抱えている人もいます。

アレルギー反応とは、身体の免疫システムの過剰反応です。特定の物質(抗原)が体内に入るとIgE抗体と結びつき、肥満細胞からヒスタミンを出して外敵を攻撃しようとします。このヒスタミンがかゆみや炎症の元。鼻水、肌荒れ、目のかゆみなどを引き起こします。

ビデンスピローサは、

・アレルギー症状に関わるIgE抗体の生成を抑える
・ヒスタミンの放出を抑える
・受容体へのヒスタミンの結合を抑える

という3つの働きによってアレルギー症状を緩和してくれるのだそうです。

[IgE抗体]
免疫グロブリンEというタンパク質で、これをつくりやすい遺伝的素因をアレルギー体質という。花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支ぜん息などの発病に深くかかわっている。

《抗酸化作用によってシミやそばかすを予防》
ビデンスピローサは過酷な環境でも生きていける植物ですから、強力な抗酸化作用を持っています。体内の活性酸素を除去して、細胞の老化を防ぎます。この働きによってシミやシワなどを予防してくれるので、アンチエイジングに有効だといわれています。

《抗炎症作用でかゆみや肌荒れも予防》
ビデンスピローサの抗炎症作用で肌のトラブルも解消できるのだとか。

・肌荒れ
・肌のかさつき
・かゆみ

などを解消して、健康な肌に近づけます。

これは血行促進効果によって血流が良くなることも肌にとってよい効果をもたらしているようです。血流が良くなれば身体の隅々まで酸素や栄養が行き渡るので、肌のくすみ予防にも役立ちます。血流を良くして生活習慣病の予防に役立つビデンスピローサはすでに様々な臨床試験が行われていて、

・血行を良くする
・血糖値を下げる
・血中の脂質を下げる

などの効果がわかっています。これらの作用によって高血圧や動脈硬化などを改善し、生活習慣病を予防できるという期待が高まっています。

《体内の毒素を排出するデトックス作用》
コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は利尿作用が高く、トイレの回数は増えますが、それは体内の大事な水分まで排出してしまっています。しかしビデンスピローサの排出量は違います。

単なる利尿作用ではなく、不要な

・毒素
・老廃物

などを排出する力が強いので、むくみの予防にはもちろんのこと、体内を浄化してすっきりさせてくれるので、代謝の良い身体を作ることができます。
むくみ太りが気になる方にはおすすめですね。

《アディポネクチンを増加させる働き》
アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、

・血管を修復する
・糖や脂肪の代謝に関わる
・メタボリックシンドロームを予防する
・高血圧、動脈硬化を予防する

などの効果がわかっています。

《アディポネクチンは食べ物から摂ることは出来ません》
内臓脂肪が増えるとアディポネクチンが減少してしまうことがわかっているので、肥満を予防することがアディポネクチンを増やす一番の方法。ビデンスピローサにはこのアディポネクチンを増やす働きがあるので、肥満を防いで脂肪を燃焼しやすい身体を作ることが出来るといわれています。
ダイエットにもよいということですね。

《癌を撃退する効果に期待が高まる》
ビデンスピローサは薬ではないものの、ビデンスピローサを服用したおかげで癌を克服した、という体験談が多数あります。もちろん、今の時点でビデンスピローサを飲めば癌が治る、癌を予防できるとは言い切れませんが、生命力の強いビデンスピローサが自然治癒力を高めることは十分考えられます。 抗癌剤の副作用に苦しんでいる人はたくさんいますから、今後の更なる研究や臨床試験が待たれるところです。

《カフェイン0%のメリット》
カフェインも摂りすぎなければさほど問題がない場合がほとんど。ただ、妊婦さんや授乳中のママは、少しでも悪影響を避けたいでしょうから、ノンカフェインの飲み物を飲むようにしておけば安心ですね。
またノンカフェインであるハーブティーなどは、それ自体が健康に効果の高い飲み物。カフェインを摂取しないばかりでなく、健康に対していろいろな効果が期待できるのもメリットといえます。カフェインを摂取しないことで、血圧を下げる効果も期待できますので、高血圧の方も安心です。

白鶴霊芝草

白鶴霊芝草

《中国の秘草》
中国の歴代皇帝が独占し続けたといわれている白鶴霊芝草は、チカラあるがゆえ、歴史の表舞台に現れることなくひっそりとその花を咲かせてきました。その秘めたるチカラが、いま多くの人々の思いにより花開こうとしています。

中国3千年の歴史の中で、霊芝や高麗人参に並ぶチカラを持つと伝えられてきた白鶴霊芝草ですが、その存在は近年まで知られることはありませんでした。その理由は、歴代の中国皇帝が白鶴霊芝草の持つチカラを独占しようと、門外不出のものとしたためといわれています。清王朝の時代、女帝として君臨した西太后も白鶴霊芝草に関心を持ち宮廷御用達の薬師『同仁堂』に詳しく研究させたと伝えられています。明王朝の時代から続く歴史ある漢方薬師、楽家が営む同仁堂は8代にわたる中国歴代皇帝のもと、およそ188年の長きにわたって宮廷御用達として仕えてきました。美と健康に対して執拗な執着を持っていたといわれる西太后は同仁堂の研究成果から、白鶴霊芝草をお茶にして飲んだり、入浴剤として使ったり、肌に塗ったりと、熱心に使用したと伝えられています。

《肌トラブルに効果》
白鶴霊芝草は健康なからだを保つための様々な作用があり、病気の予防には大変効果的といわれています。さらに、白鶴霊芝草は毎日摂取しても副作用はなく安全であるため、日常的に使用することが勧められています。アトピーなど肌トラブルを抱える人に白鶴霊芝草のお茶を振舞っている寺院もあります。
白鶴霊芝草はビタミンEをはじめ、各種ビタミン、鉄分・亜鉛などのミネラル分が豊富に含まれています。ビタミンEは優れた抗酸化作用知られていますが、ほかの様々な成分が総合的に作用することでさらに強い抗酸化力をもつことが確認されました。体が酸化すると様々な疾病が起きるといわれていますが、白鶴霊芝草の持つ抗酸化作用が体内の酸化された物質を還元して元の状態にもどすことにより、健康を保つことができます。

《アレルギーの悩みに貢献》
健康面においては、アレルギー症状の改善作用があることが確認されています。白鶴霊芝草エキスを含む食品を摂取することによる、アトピー、花粉症に対する効果効能の調査を行ったところ、モニター試験で7割以上が有効と答えたそうです。花粉症78人とアトピー性皮膚炎29人のモニターでは、9ヵ月後、70%以上の人が摂取前に比べて良くなったと答え、症状の改善作用が認められました。

《土の効果》
白鶴霊芝草は根が強い植物であるため、その成長には土の状態が大きく関与します。栽培を5、6年行っていると土壌が変わり、栽培に適した状態を保てないため、その都度土壌を移したり、土お越しを行うなど工夫が必要です。

《丁寧に慎重に加工》
収穫された白鶴霊芝草は工場で茶葉へと加工されます。一般的なお茶と違い、若い芽だけを使って茶葉をつくっていきます。天日乾燥した葉を、250度から280度の熱を加えて焙煎し、臭みを消します。若い芽はとても柔らかいため火加減を強くすれば焦げてしまい、弱ければ火が通らず生の部分が残ってしまうため、焙煎の際は繊細で緻密な火加減が重要になってくるといいます。
再度、天日干しをした葉を揉み込んで、一つ一つ茶葉をほぐす作業が行われます。さらに200度で焙煎し、乾燥させることで、香り豊かな白鶴霊芝草の茶葉ができあがります。その後茶葉は人の手により、丁寧に葉と茎、小枝により分けられます。最後に殺菌を目的とした焙煎が行われ、良質で安全な茶葉に仕上げます。白鶴霊芝草の茶葉はそのまま飲んでも、香りよくおいしいお茶ですが、サプリメントの原材料としても非常に良質な食材です。

《美の効果》
白鶴霊芝草の抗酸化作用は美容の面でも新たな発見がされています。美容成分として知られるコラーゲンの産生を促進させる作用が認められたほか、しみやそばかすの原因であるメラニン色素を抑制する作用も確認されています。

《糖尿病を気にする方へ》
白鶴霊芝草のもつ血糖値上昇抑制作用が明らかになり、生活習慣病予防、メタボリックシンドローム対策の効果が期待されています。白鶴霊芝草の血糖値上昇抑制作用はマウスを用いた実験により検証されています。白鶴霊芝草のエキスを食べ物と同時に摂取した際、摂取後の急激な血糖値の上昇を抑える作用があることが確認できます。また、血糖値の上昇を抑えるのに効果のある血液中のインスリンの分泌量が増えることも確認されました。

大麦

大麦

《体の熱を冷ます》
汗などと共に失われやすいミネラルを補う。筋肉の働きを助けるカリウム、メラニンの代謝を促進する亜鉛や、コラーゲンを強化するケイ素などのミネラルを含んでいます。

《美肌効果》
紫外線を浴びると発生する活性酸素を抑える作用(抗酸化作用)があるとされています。

《胃の粘膜を保護する》

《血液をサラサラにする》
大麦を炒ったときに生まれる香り成分であるアルキルピラジン(ピラジン)が、血液をサラサラにする効果があると言われています。青魚を食べるより効果的という説もあります。

《生活習慣病予防》
GABA(ギャバ)という成分が、血圧を調整する作用があり高血圧予防に効果が期待できると言われています。また同じくGABAが中性脂肪やコレステロール値を下げるので、動脈硬化などの予防にも効果が期待できると言われています。

《虫歯予防》
虫歯を誘発する“ミュータンス菌の菌膜生成を阻害する作用”が期待できると言われています。

金時生姜

金時生姜

《普通の生姜とは違う》
生の生姜には入っていないショウガオールと言う成分が弊社の金時生姜には入っております。この成分によって生の生姜では手、足の末端しか暖めることができませんが、体の芯から温めてくれるという実験データが放映(NHKためしてガッテン)されました。

《身体を温める》
また生のショウガを粉末化したものが市場にありますが、これもショウガオールが含まれていません。
弊社の金時生姜は、生生姜を粉末したものには含まれていない体を芯から温ためてくれる成分(ショウガオール)・血管拡張作用成分(ガラノラクトン)・抗酸化作用の成分(ジンゲロール)などがバランスよく含まれております。

《インドから伝わる》
ショウガの薬効は何千年も前のインド古代医学から、日本では奈良時代から風邪の特効薬として使用されていました。その後、品種改良され日本独自の「金時生姜」が生まれました。

Relieve(リリーヴ)発売1ヶ月以内の体験データ

3年の月日をかけ全力で研究し完成した弊社オリジナルハーブティーRelieve(リリーヴ)です。2018年9月に全国発売を開始しました。

弊社に、リリーヴ愛用の歓びと感謝の声が寄せられて、僕も嬉しくなりました。ご紹介をさせて頂きたく掲載させて致しました。

弊社に寄せられた 愛用者様の声

■長年悩んでいた軟便が改善され、食欲が出てきた。
■長年悩んでいた便秘が改善され、爽やかな日々を送れる様になった。
■肌のツヤが良くなって、ハリが出てきた。
■体重は変わらないが、ムクミが取れ、身体がしまった。
■目覚めが良く、身体が軽くなった気がする。
■高血圧が正常になった。
■シミが薄くなってきた。
■カフェイン入りのコーヒーを自然と飲まなくなった。
■飲みやすく美味しいので、自販機のジュース類を買わなくなった。
■関節の痛みが無くなった。
■保温ポットのお湯に、1袋入れるだけで出来上がるので便利。
■子供たちも美味しいと飲むので安心。
■血糖値が下がった。
■頻尿が無くなり、尿漏れが止まった。
■肩こりが無くなった。
■身体が疲れにくくなった。
■血行が良くなり、足の冷えが無くなった。
■寝ている時のこむら返りが無くなって足がつらなくなった。
■首筋のイボが、減って来た。
■使った後の茶葉が勿体無いので、シフォンケーキを作るときに混ぜて作っています。

Relieve(リリーヴ)愛用者様の声

リリーヴの効果(1ヶ月の飲用の効果)

63歳男性

高血圧で、薬を飲んで最高145、最低95が、最高125、最低75になりました。毎日飲んでいた薬?、念のため3日から4日に一回にしています。

63歳男性

表現?難しいけれど、洗顔の際とか、両手の指を絡めてみると血行が良くなったのか、引き締まったように感じています。

59歳女性

軟便で毎日のお通じが、バナナうんち改善されました。

85歳女性

飲んだ翌日から、下痢状態になりましたが、一週間飲み続けるとだんだん改善されてきたような気がします。

63歳男性

肩こりが、改善されてなんか妙な感じです。

63歳女性

ヘバーデン結節で指の第1関節が曲がっていたのに、少しというよりすごく曲がりが直りました。

94歳女性

3週間便が出なくても、気にならないくらいの便秘がなんと飲用翌日から、お通じがほぼ毎日出ています。

65歳歯医者さん

65歳の歯医者さん、肝臓癌から肺に転移して歩くのも困難、抗がん剤も副作用(熱が出る)があり中止、胸水・腹水が溜り、余命宣告の状態でした。奥さんも毎日泣いていました。奥さん?、薬剤師です。リンパマッサージをしている知人が、リリーヴの飲用を勧めたところ、奥さんも藁をも掴む思いで、毎日2Lのリリーヴ茶を病院まで持参し一ヶ月飲用した結果、(途中からマカも飲用)飲用後、リンパマッサージをすると通常の小便が1.5倍(1500cc)以上出るのを確認。頭の先から足の先まで造影剤を入れてレントゲン監査の結果、肝臓癌(7/10摘出)、肺がん共に大きくなっていないのを確認されました。さらに、リンパマッサージで鼠径部から毒素を排出し、リリーヴの飲用との合わせ技にて、胸水・腹水の水も抜けて、30分の散歩の許可も出ました。また、腫瘍マーカーの数値も下がったそうです。現在?、抗がん剤も再開したそうですが、や?り夜に?熱が出るそうです。さらに、糖尿の気もあるので、至る所に傷があり、指?傷が当たらないように保護していたのが浮腫も引いて、傷も治ってきたそうです。外面的に?、目に黄疸があったのが、なくなってきて、顔色も良くなってきた。何事も3ヶ月?経過を見ましょうねと言っていますとのことです。ご本人・奥様、とっても喜んでいます。笑顔が一番の薬だと思います。ただ奥さんが疲れが出てきて感情的になっているのが心配だそうです。

50歳女性

30歳代から外部の営業をしていたとき、日焼け対策UVカットしていなかったので、年とともににシミくすみが出てきていたのが、取れてきました。内臓も良くなってきているので?と思っています。膵臓に漿液の支障があり、水ぶくれが出来るので、血糖を下げる処置をしていますが、それも改善されてきていることを期待しています。

67歳男性

一日4〜5回?大便が当たり前の日々が、一日1〜2回に改善されました。また、40歳頃にバトミントンで肩を痛めて、夜に?手が上がらない程だったのが、いつの間にか、肩の関節が痛くなくなっていました。ビックリです。

58歳女性

シミが薄くなってきている。また、年をとると、ベタッとなっていた髪の毛が、フワッとして腰がでてきた、髪の毛が元気になった。化粧ののりが良くなりました。さらに、癌の治療中ですが、月末に?検診結果が出ますので報告いたします。

63歳男性

不思議な感じですが、手を握って見るとスッと握れる、表現?難しいけれどスッキリして、毛細血管の先まで血が通っている感じです。

2018/10/26 報告者
公認講師 信江

サプリメント・マカ通販 トス・インコーポレーション モバイル版